2015年09月

2015年9月20日

  

博多漁港のヨット601pix

  先日、部活の高校生と一緒に港のスケッチに行きました。
  ここは古く学生時代から何度もスケッチに行っている私のお気に入りのスポットです。
  以前は岸壁も狭く、そこに漁具、ドラム缶、リアカーなどが雑然と置かれ、それなりにスケッチ材料には事欠かない場所でした。
  その後それらは取り払われ岸壁も拡張、かもめ広場として芝生やトイレなども整備され、公園らしくなりました。それに造船所が大きくなり、都市高速の那ノ津大橋など、遠景も充実しました。

  いつも見慣れた作業船や漁船などに混じって珍しくヨットが停泊していたので、私はそれをスケッチすることにしました。その様子を見ていた一人の男性が話しかけてきました。
  船好きの人らしく、このヨットは台風を避けてここに避難してきたとか、オランダ人のヨットだということを説明して、またどこかに行ってしまいました。

  ヨットはグリーンの船体でソーラーパネル、そして風向風速計までついていて、スマートです。
  風向風速計の垂直尾翼には国旗のような塗装がされていました。
  でもよく見ると、オランダ国旗は横の縞ではなかったかなと思いました。これは色の組み合わせは同じでもこれはフランス国旗のようですし・・・、まあ絵にはあまり関係ないかなと思いました。

  当日は晴れたかと思うとぱらぱらと雨が降ってきたりあわただしい一日でしたが、生徒たちと共に何とか描き上げました。