はちくぼ  たくじ
  八久保 卓爾福岡県美術協会会員)

 
1961年   県立福岡高等学校卒業
1965年   福岡学芸大学中学課程美術科卒業
職 歴
 
1965年   筑紫郡春日中学校美術科講師
1966年   宗像郡城山中学校美術科講師
1967年~2006年   私立福岡雙葉小学校図工専科教諭・講師
2003年~   西日本新聞天神文化サークルおよび山本文房堂アートスクール絵画教室講師
2004年~   公立学校で年間継続図工科G.T.として絵画指導
2015年   福岡海星女子高校美術科非常勤講師
美術に関する経歴  
1964年   福岡県美術展 初入選
1983年   福岡県美術展 受賞(福岡市教育委員会賞)
1987年   福岡県美術展 受賞 (福岡県教育委員会賞)
1987年   福岡市美術展 受賞(奨励賞)
1988年   福岡県美術展 受賞 (北九州市教育委員会賞)
1989年   県美術協会 会員推挙
1990年   示現会に出品を始める 入選
1992年   田川美術館  第1回英展招待出品
1995年   示現会展   示現会奨励賞
2004年   示現会 会員推挙
2009年   示現会 退会
個 展
 
2004年   福岡市市美術館 特別展示室B
2009年   ギャラリー風
2011年   ギャラリーSEL
2013年   東京・ギャラリー「びーた」
2014年   ギャラリー風
2015年   東京・ギャラリー「びーた」
2016年   ギャラリーSEL
2016年   ギャラリーカフェ「ゆずりは」
2017年   東京・ギャラリー「びーた」
2018年   ギャラリー「風」
2019年   東京・ギャラリー「びーた」
教育活動表彰、出版など  
1986年   日本文教出版 図画工作教科書・教師用指導書執筆
1987年   現代美術実践指導全集執筆
1998年   文部大臣より「教育功労感謝状」
2001年   モンゴル国立児童委員会より「両国の交流功績大賞」
2013年   グラフィック社出版「水彩で描く日本の風景」  
  本文中の8ページ担当
2019年   リタイア後の継続教育活動により「福岡県市民教育賞」  

 


  2001年、APCC交流でモンゴル訪問した際、以前からの知り合いだったNINAさんから紹介され、日本での活動のきっかけを作りました。2004年に福岡で行なわれた国民文化祭での絵本コンクールへの応募を勧め、その作品はグランプリに輝き、石風社から絵本「モンゴルの黒い髪」として出版されました。その後、野間コンクールでもグランプリとなり、その作品は絵本「ぼくのうちはゲル」として出版されました。その作品はカナダから英語版(My little round house)として出版されています。
その後、活動の場を日本に置き「トヤのひっこし」、「センジのあたらしいいえ」、「ゴナンとかいぶつ」、「お月さまにいるのはだあれ」、「おかあさんとわるいキツネ」、などを出版、最近作として「モンゴル大草原800年」 などが出版されています。
絵本「モンゴルの黒い髪」 花と少女  
冬のソリ遊び 羊飼いの子どもたち

  およそ30年前、旅先で知り合って以来、家族ぐるみの友人です。
彼女は子どもの頃から美術に興味があり、服飾デザイン、スタイリストをしながら絵も描いています。

1990年にMode Emois コンクールで受賞しました。
デザイン、モデルとも本人です。
 
 
 
  coquelicots papillons embarcation
   
table nature morte provenale
 

Part-3  NEW 2019年製

前回、自作イーゼルを紹介してからかなり経ち、私のイーゼルも改良を加えて大きく変化しました。 常時スケッチに使用しながらの改良です。 以前は座って描くことが多かったのですが、現在はほとんど立って描いています。
イーゼル本体は3個の部分からできています。

上から、
クイックシュー付き写真用小型三脚です。
エレベーターシャフトの下にフックを取り付けます。

中央
クイックシューで三脚に取り付けることが出来る上の棚です。
この棚にスケッチブックや水彩紙をテープで留めたボードを載せます。


パレット、筆、水などを置く下の棚です。どの三脚にでも使えるように
二本の腕板で挟みます。挟んだら手で絞められるように両側のネジは
蝶ナットを使います。白と黒の丸いものは面ファスナーです。
上棚を外したところで三脚と上棚板です。 クイックシュー付き三脚の外せる部分を木ネジで上棚板に取り付けます。(黒い部分)
棚板が薄いと木ネジが上に突き出るので前もって補強用の板を棚の中央に接着剤で取り付けておきます。
補強版の中央にある丸いものは、もしもクイックシューがない三脚を使うときのための、三脚ネジ(1/4インチ)の受けネジ金具です。
下の棚は三脚の足を挟んで取り付けます。そのまま挟むと三脚の足が地面に対し垂直ではないから、その傾斜に応じて棚も傾きます。
そのことを見込んで挟む腕板は傾斜をつけて取り付けます。
下棚板は重量を軽くするために小さめに作り、その上に軽いプラダンの棚を面ファスナーで取り付けます。


水入れ、パレット、筆など・・・
人によっていろいろな考えがあると思いますが、私の水入れはコンパクトです。
そして 2~3 の部屋の仕切りがあるものが好きで、目的によりいろいろ使い分けています。
私は筆を洗う部屋を区別しているし筆に含ませた絵の具は大量に残すことがほとんどないので、洗っても水はあまり汚れず小さめでも不便さは感じませんでした。
だから石鹸入れやサプリメント容器(半透明の容器)など、コンパクトで倒れにくいものを利用していました。
これらは収納も楽だったのですが、使う時には棚板の上に置かなければならず、ふた付きは風にあおられてこぼれる欠点がありました。

最近、無印や100円ショップで水入れや筆立てに使えそうなものを見つけました。
フックを取り付けて棚板を挟んだ目玉クリップの穴に引っ掛ければ簡単に取り外しができるし、棚板の外になるので筆が置きやすく、雑巾も使い勝手が良くなりました。

上の写真の左上のものはペンスタンド用なのですが、二つを接着しています。
水入れにも筆立てにも使えます。
その下の横長の容器は練りワサビやカラシなどの調味料の容器立てを利用しています。
パレットは26部屋のアルミニウム製
透明水彩絵の具は数色以外ホルベイン製で、私には色数はこれで十分です。

筆は現在のところ、大筆は猫の舌24号ナイロン製、先が尖った丸筆の大中小3本と面相筆で、スケッチでの紛失があるため中級品中心です。

筆拭き雑巾はマイクロファイバー製、100円ショップで購入。以前はタオル地やガーゼなどを使っていましたが、マイクロファイバー製が安くなってからは、現在はそれを愛用しています。 その他スケッチ後の筆洗汚水回収用に広口容器をカラビナでリュックにぶら下げています。
準備が出来たらいよいよスケッチです
スケッチ準備完了
水入れはその場に応じて使い分けます イーゼル本体の重量は、1295グラム。
玖珠川河畔でのスケッチ
風が強いとイーゼルが倒れるので中央シャフトにつけたフックに、荷物をひっかける。荷物の重さでイーゼルが安定して倒れにくくなる。
左の玖珠川スケッチの場所を反対側から見たところ。筆の上にある白い箱は下描き用の練りゴム入れ。
イタリアの公園でのスケッチ
水入れは石鹸ケースを開いて利用している。軽量で二部屋使用可能。
でも棚の筆置き場所スペースが狭くなった。
シチリアでのスケッチ
もう少し壁側に寄りたいけど看板が邪魔で、少し離れた。水入れを前方に置いたら、奥まりすぎて使いにくかった。
シチリアのタオルミーナでのスケッチ
海外では盗難予防のため壁に張り付いて描き、貴重品は身に着けてのスケッチ。

Part-2  「改良折りたたみ型」 2010年製

これまでの自作イーゼルは板状であるために使いやすい反面、幅の広さゆえに携帯に不便という面を持っていました。持ち運びや収納を優先させるためには、やはり折りたたみ式のイーゼルにしたいと思いました。 そこでブログで紹介したような工型のイーゼルを作りました。 でも、たたんだ時に横棒が少し斜めに飛び出すので、横棒を少し切り詰めて一直線にたためるように改良しました。
そこで現在使用中の最新型イーゼルをご紹介します。
(a) 折りたたんだイーゼル (b) 一段伸ばしたイーゼル

(a) 指で蝶ネジを絞めたりゆるめたりして広げたりたたんだりします。 折りたたむと一直線になり、三脚とともに携帯ケースに入ります。 クイックシュー付なので三脚とワンタッチで分離と組み立てができます。 肩にかけて運びますが、とても軽くコンパクトです。組み立て・収納も簡単で、それぞれ1分もかかりません。
(b) すわって描く時にはこのくらいで使いますが、角度や高さは自由に調節できます。
横棒は長い方を自分の方に向けて使います。ストッパーがあるので斜めにしてもずり落ちません。  

(c) スケッチで使用しているところ (d) 全部伸ばして使う
(c) 水彩スケッチで椅子に掛けて使っています。下描きは少し斜めに傾けて描き、 絵の具を塗るときは水平にして使っています。
(d)  三脚をすべて伸ばすと立ったままで使えます。 私は素描スケッチはほとんど立ったままで描きますが、今回の海外スケッチではいつもよりも大きなF6号のスケッチブックを使ったので、イーゼルがあって良かったと思っています。
自作イーゼルを工夫することと、良い絵を描くことは直接の関係はないと思います。 でも、自分の仕事をするための道具と考えれば、市販の製品をそのまま使うよりもより自分仕様の道具は愛着がわくものです。自分が使いやすい道具を工夫・改良をしながら創り上げることも私のスケッチの楽しみなのです。
さて、次の自作道具は…?

Part-1  「試作から実用へ」 2007年製作

スケッチに行った時、小型のイーゼルと椅子があれば快適に描くことが出来ます。
私の場合、鉛筆素描はたいてい立ったままで描くことが多いのですが、水彩絵の具を使う時はパレットや水を使う関係で直接地面や石段にすわったり、折りたたみ椅子に腰掛けて描いています。
絵の具が流れないためには水平になるイーゼルの方が便利です。
水平になる金属製のイーゼルが市販されていますが、すわって描くためには大きすぎ、持ち運びするには長くてかさばります。
そこでカメラ用の三脚を利用した自分専用の小型イーゼルを作り、それを使っています。

(1)三脚は接写用の短い三脚を利用します。(カメラ店でクイックシューの付いた機種を購入)
(2)台は軽く工作がしやすい桐の板を利用します。(ホームセンターにあります)
(3)カメラ取り付け用のネジを外す。(抜け落ち防止金具をペンチで引き抜けば外れる)
(4)外したネジくらいの大きさのトラスタッピング・ネジで板にクイックシューを取り付ける。
これで三脚に取り付ければ使えますが、自分なりの工夫で使いやすく改良してください。

私の場合は、
(1)この三脚は水平にも斜めにもなり自由に使えますが、斜めにした時にスケッチブックがずり落ちるので、手前にストッパーをつけています。
(2)スケッチをしながらの移動のために、ストッパーの横に手提げ器具をつけ、持ちやすくしています。
(3)三脚を外すとクイックシューのために板の安定が悪いので、四隅に足をつけています。
スケッチブックの大きさに合わせて締め付ける装置はつけていません。もっぱらクリップを使っています。
最近、スケッチバッグにも簡単に入れられるさらに小型のイーゼル(右下写真のイーゼル)も作りました。